前へ
次へ

司法書士での債務整理

債務整理とは、借金による月々の返済が多く、返済するのが困難になっている状況で、借金返済の解決策を法律で定められた方法で解決します。
それにより債務者があらたな生活のスタートを切れるようになるのです。
債務整理には大きく4つの方法があります。
それは、任意整理、特定調停、個人再生、自己破産です。
4つの方法は債務者の借金の状況によりどれがよいかがことなるので、専門家と相談するのがいいでしょう。
もちろん、個人でも手続きを行うことができますが、法律の知識が必要ですし、法律を勉強する時間がかかります。
費用がかかりますが、司法書士、弁護士などの専門家に依頼することになります。
司法書士、弁護士に相談するなかで、どちらでも出来る訳ではありません。
取り扱う金額の上限があります。
140万円以上の案件は司法書士は取り扱うことが出来ません。
司法書士は簡易裁判所の民事事件について弁護士以外でも取り扱うことが出来るのですが、この訴訟の金額が140万円以下となっております。
そのため、司法書士の取り扱える債務の事案は140万円未満なのです。
しかし、これは、個別の事案になります。
ですので、多重債務の総額は200万円ですが、内訳でA社100万円 B社100万円であれば、140万円未満の事案になり司法書士でも大丈夫になります。

外構エクステリア職人
加古川を中心に兵庫県全域でお家周り工事承っております

靴幅から探せる通販ショップ
あなたに最適なビジネスシューズを見つけられます

格安代行サービス
2000円からご利用いただける便利屋はコチラ

便利屋missionが選ばれる理由

では、弁護士に依頼するのが一番なのかというと弁護士に依頼すると単価が高くなります。
100万円の債務整理についてですと弁護士と司法書士では弁護士に依頼するほうが費用が高くなります。
個別の事案により弁護士、司法書士のどちらに依頼するかで費用も依頼者の手間もかわります。
債務整理は依頼者にとって切実な希望ですが、借金を減らすために高額な依頼費用が発生するのはよくありません。
ですので、まずは事前に地方自治体の相談窓口で相談してみるのがいいでしょう。
そこから、最適な司法書士、弁護士などを紹介してもらう方法もあります。
まずは自治体に相談してみるのがいいでしょう。

Page Top